CLIMATEC,Inc.
  • ホーム
  • 文字サイト
  • 応用分野
  • メール
  • 会社概要
  • サポート
  • アクセス

回転式降雪深計

型番
CNE-SPH01

特長

正確な降雪の深さを計測するのは従来から難しく、人手に頼ってきました。豪雪の時には労力が大きく、精度も今ひとつでした。
回転式の場合は、原理的には人手と同じ方法を踏襲しています。  測定間隔毎(通常1時間毎)に降雪板上の雪を回転+ヒーターによりクリアーするので測定間隔毎の降雪深さが正確に測定できます。
積雪深さの差では圧密があるため正確な降雪深は測定できません。

  • 単純な原理で圧密のない降雪の深さを測定
  • 1時間毎に降雪をクリアー
  • 自動降雪深計として使用可能

仕様

センサー
基 本 動作方式 毎正時に反転する積雪板上の積雪をLED投受光センサーにより積雪の深さを検知
降雪検知方法 LED光スキャン方式(1スキャンに16/32秒)
動 作 測定レンジ 0~ 8cm/0~16cm
分解能 5mm
動作環境 -10~+40℃
動作方法 毎正時に半天
反転所要時間=約21.6秒
毎正時後20分間ヒーター(200W)加熱
無降雪時=傾斜状態で待機
出 力 RS-232C
電 源 電  源 AC100V(許容変動範囲±6%)50/60Hz
制御:5W+2W
ヒーター 降雪板ヒーター:200W
制御盤:30W 24W
大きさ他 大 き さ・重さ 検知部: 510mm×510mm×90mm
取付方法 ポールに取付
付属品 降雪検知センサー

ページの先頭へ