CLIMATEC,Inc.
  • ホーム
  • 文字サイト
  • 応用分野
  • メール
  • 会社概要
  • サポート
  • アクセス

3成分超音波風速計(CSAT3A)

型番
C-CSAT3A
  • C-CSAT3A
    3成分超音波風速計
  • 超音波風速(C-CSAT3A)とC-EC150,C-EC155設置状況

C-EC150/EC155/CPEC200のオプション専用

特長

C-SAT3Aは、C-CSAT3と同じですがC-EC150/EC155/CPEC200専用のオプションで、C-EC100変換器にケーブルを接続して使用します。

C-CSAT3Aは風のベクトルをx,y zの3成分に分けて超音波で測定するセンサーです。空気中の音速の変化が気温と風速に比例することを利用して測定します。また、音速より音仮温度も測定することができます。

この風速計だけで渦相関法の原理により、顕熱フラックスの測定をすることが可能です。
単体での販売はしません。(C-EC150/EC155/CPEC200の付属販売のみ)

仕様

測定方法 超音波
Path 長 水平 : 5.8cm
鉛直 : 10cm
角度:60°
サンプル周波数 1-60Hz 選択可能
出力I/F SDM、RS-232
4ch ±5Vアナログ(12bits)
出力要素 Ux, Uy, Uz, C
測定レンジ 風速:±65.535m/s
音速:300-366m/s(-50~+60℃)
分解能 Ux,Uy : 1mm/s
Uz : 0.5mm/s
C : 15mm/s(0.025℃)
オフセットエラー Ux,Uy : <±8cm/s
Uz : <±4cm/s
ゲインエラー <±2% of reading (wind vector 水平 ±5°)
< ±3% of reading (wind vector 水平±10°)
< ±6% of reading (wind vector 水平±20°)
センサーヘッド部
寸法 重量
47.3cm(l)×42.4cm(h) 1.7kg
動作温度 -30 to +50℃
電   源 10VDC~16VDC
消費電力 200mA(60Hz) 100mA(20Hz)
ケーブル長 センサヘッドとコントロールボックス間 3m

 


下側トランスデューサーの上面図

全体図

ページの先頭へ