CLIMATEC,Inc.
  • ホーム
  • 文字サイト
  • 応用分野
  • メール
  • 会社概要
  • サポート
  • アクセス

自動採水器選定ガイド

特長

自動的に河川などの水を採水します。

自動採水器はこちら

自動採水器


こちら

ISCO社の自動サンプラーをコントロールできます。雨量・水位などの条件を自由に決めて、制御できます。更に、通信回線を組み合わせると、河川状況をリアルタイムにモニターしながらサンプラーを手動で制御可能です。

例)雨量5mm以上かつ水位が通常より5cm以上上昇したら、1時間毎に採水開始。ピーク後は5cm減少毎に採水(採水の他水位、水質なども計測)など。
仕様(3700,3700C)

採水本数500cc PPボトル24本(3700C)
1000ccPPボトル24本(3700)
最大採水高さ 7.9m
自動採水モード、外部起動モードなど
採水前の排気、リンスなどの設定可能

ソーラー電源のシステム例

峡谷への設置例

向かって左側に採水器を設置しているが、日照時間が短いので、右側のやぐらにソーラーパネル(50W)を設置(雨量計も)。

大井川の支流に設置

筑波大学井川演習林(静岡市)提供

データロガー+採水器の設置状況

かなりの洪水が予想されるため、施設全体が流出しないように、強固な収納箱に全体を収納。
通常の河川ではここまでの対策の必要は小さい。

筑波大学井川演習林(静岡市)提供

採水菅の設置状況

かなりの洪水が予想されるため、鉄管(単管パイプ)で河床に採水チューブ、水位センサーをオールアンカーで固定。
河川の岩がもろい場合は、必ずしもこのように固定はできない。

筑波大学井川演習林(静岡市)提供

兵庫県での採水器設置状況

屋久島での採水器設置状況

採水器の他、水位、EC,pHも測定。

国立環境研究所提供

このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ

ページの先頭へ