CLIMATEC,Inc.
  • ホーム
  • 文字サイト
  • 応用分野
  • メール
  • 会社概要
  • サポート
  • アクセス

DECAGON 分光反射率計

型番
CDC-SRS

分光反射率計

特長

CDC-SRS 分光反射率計は、植物群落の植物指標(NDVI)、または分光反射指標(PRI)を連続的にモニタリングします。
センサーを配備する目的は、緑の群落、群落閉鎖と群落老化の最初の様子を記録するためです。SRSの測定結果は、光捕獲、光の利用、生物季節学、バイオマス生産を決定するために使用します。

SRSは、2帯域の分光反射率センサーで、NDVI半球型、NDVIフィールド・ストップ型、PRI半球型、PRIフィールド・ストップ型の4バージョンがあります。
NDVI計は、植生被覆状況を調べるのに用いられますが、緑葉は近赤線外領域での反射が大きく、可視波長で強い吸収が見られます。
近赤外線と可視波長で測定した反射率の標準偏差は、植生被覆状況の指標となります。植物の表面から反射された光は、植生被覆の量とタイプによって極めて可変的です。
このため、この表面を正しく特性化するには、多数のセンサーが必要になります。測定するセンサーには、半球型視野を持つテフロン製ディフューザが、20度視野のフィールドストップを選べます。この内どちらを用いるかは、その研究目的によって決まります。
半球型センサーは、植生の平均化という面では優れています。しかし、角度が傾くと、空も平均処理に含めてしまいます。それに比べ、フィールドストップ付きセンサーは、特定のスポットや特定の方向に的を絞ることができます。
反射を計算するには、2つの帯域での入射が分かっている必要があります。反射した光とは異なり、入射はキャノピーより上では空間的に一様です。従って、植生指標を計算するには、多数の下向きのセンサーに対して、上向きのセンサーは1つあれば足ります。
上向きのセンサーは水平設置し、半球型視野を持つタイプとします。

特徴(共通)

  • 植生指標(NDVI)、分光反射指標(PRI)を連続的にモニタリング
  • 既知の分光放射輝度、又は放射照度値に対してNISTトレースが可能な校正
  • センサーは、上向き・下向き、単体・タンデム、水平・特定方向のいずれでも取り付け可能
  • 経時的に生じるドリフトを低減するために、完全密閉型で紫外線耐久性を有する設計
  • 校正時のドリフトは年間1%未満
  • 以下の4種類があります。
    • CDC-SRS-Ni (NDVI 半球型)
    • CDC-SRS-Nr (NDVI フィールドストップ型)
    • CDC-SRS-Pi (PRI 半球型)
    • CDC-SRS-Pr (PRI フィールドストップ型)

その他

マニュアル類
センサマニュアル(英語)

導入ガイド(英語) SRS-N
導入ガイド(英語) SRS-P

記 録

精度良く記録するならC-CR800/C-CR1000

仕様

型式 ・CDC-SRS-Ni (NDVI 半球型)
・CDC-SRS-Nr (NDVI フィールドストップ型)
・CDC-SRS-Pi (PRI 半球型)
・CDC-SRS-Pr (PRI フィールドストップ型)
精  度 10%以下
NDVI波長 630nm±5nmと800nm±5nm
PRI波長 531nm±3nmと570nm±3nm
視野角 180°(半球型) 36°フィールドストップ型
電源 印加電圧 3.6~15VDC、測定時4mA、待機時30μA
電圧印加時間 300ms
出力 SDI-12 (Ver.1.3)
動作温度 -40~50℃
コネクター 3.5mmステレオプラグ、又は先バラ(オプション)
ケーブル長さ 5m(延長可)
寸  法 4.3×4×2.7cm
データロガー互換 CDC-ZL6

ページの先頭へ