CLIMATEC,Inc.
  • ホーム
  • 文字サイト
  • 応用分野
  • メール
  • 会社概要
  • サポート
  • アクセス

HOBO MX1102 温度・湿度CO2ロガー

ブルートゥース経由
スマホでデータ回収可能

特長

ホボCO-MX1102ロガーは、内蔵センサーで屋内の温度、湿度、CO2濃度を記録します。

Bluetooth通信機能を備えており(USB通信も可)、専用アプリ「HOBOmobile」(無償)をインストールしたモバイル端末(iOS7.0以降またはAndroid4.4以降6.0未満搭載のスマートフォン、タブレット)でワイヤレス通信が行えます。

設定、データ回収、データの閲覧はもとより、より詳細な分析を行うためにテキストデータをパソコンなどの端末に転送することが可能です。その他、記録値の最大値、最小値、平均値、標準偏差などの算出機能、特定のいき値でアラームを鳴らしたり計測間隔を変更する機能(Burst機能)を備えています。

前面の液晶画面には、現在の温度・湿度計測値のほか、バッテリーの状態、メモリの消費量など様々なステータスを表示します。

 

※本機器は電波法に基づく特定無線設備の技術基準適合証明を受けております。

仕様

仕様概要

  • LCD表示
  • 記録容量:128Kバイト(最大約84,000点)
  • iOS 7.1 以後
  • Android 4.4 以後
  • Bluetooth 4.0 以後
  • その他のスマホ対応 ロガーはこちら
  • その他の小型ロガーはこちら

仕 様

型番 MX1102
計測範囲 0℃~50℃、最大1~90%RH(結露なし)、0~5000ppm
精度 ±0.21℃(0~50℃)、±2%RH(25℃、20%~80%RH)、±50ppm
分解能 0.024℃(25℃)、0.01%RH(25℃)
ドリフト <0.1℃/年、<1%RH/年
応答速度 温度センサー:12分、湿度センサー:1分、CO2センサー:1分
※空気流動1m/sの環境において
電波強度 1mW(0dBm)
通信距離 約30m(障害物除く)
ワイヤレスデータ規格 Bluetooth Smart(Bluetooth Low Energy, Bluetooth 4.0)
ロガー動作範囲 0℃~50℃、0~95%RH(結露なし)
インターバル 1秒~18時間(ユーザー指定による)
計測モード 通常モード(Normal)、バーストモード(Burst)、統計モード(Statistics)
スタートモード 即時スタート、ボタンスタート、タイマースタート
ストップモード メモリ満載時ストップ/上書き、ボタンストップ、タイマーストップ
時間精度 ±1分/月(25℃)
記録容量 不揮発性メモリ128Kバイト(最大約84,650点)
バッテリー 単3乾電池(1.5V)×4個(寿命約6カ月) またはUSB給電
※寿命は5分以上の記録間隔に設定した場合の代表例
ダウンロード時間 USB通信:約20秒、Bluetooth通信:約60秒(離れているほど時間がかかります)
LCD表示環境 0~50℃
寸法 W 129.5 × D 47.8 × H 76.2 mm
質量 267g
環境レーティング IP50
技適マーク 取得済み

ワイヤレスBluetooth通信でお手持ちのモバイル端末にてロガーを設定、データの回収を行います。
※本機器は電波法に基づく特定無線設備の技術基準適合証明を受けております。

CO2センサーの校正について

MX1102のCO2センサーは、計測中のもっとも低い値を大気濃度の400ppmとして自動で校正されます(自動校正機能)。
設置場所に常に人がいてCO2濃度が大気濃度に至らない環境にある場合は、機器を屋外環境において手動で校正することも可能です。
また、初めて設置する場合や、屋外で計測値が高めに出る場合も、手動校正を行うことを推奨します。

メニュー解説

mx1101_menu_1
mx1101_menu_2

ブルートゥース圏内にある全てのロガーを表示します。

mx1101_11 最初の画面

面倒なブルートゥースのペアリングは不要です。自動的に圏内にあるロガーを全て表示します。

mx1101_menu_3

単位設定

screenshot_2015-02-17-10-32-41 初期はUSになっているので、SI単位系にします。
その他は既定値でOK注意)
最初に使用するときは、温度の単位をここで、摂氏(℃)に指定してから、スタートして下さい。
mx1101_menu_2

表示されているロガーを選択

screenshot_2015-02-17-10-31-02 発見されたロガーを選択すると
現在値のモニター
計測スタート、ストップ
データ回収
などが可能ロガーをスタートした後は、そのままの状態でモニター、データ回収などが可能です。データはオーバーラップしながら記録されます。注意)
温度の摂氏(℃)の設定をConfigureで行ってから、ロガーをスタートして下さい。初期値が華氏(°F)になっているため、ロガーのLCDが初期では(°F)になります。
設定(Configure) screenshot_2015-02-17-10-31-24 Label:ロガーの名前
Logging Interval:保存間隔
Start Logging:計測開始
Stop Logging:計測終了
Logging Interval
保存間隔
screenshot_2015-02-17-10-31-34 任意に設定
Start Logging screenshot_2015-02-17-10-31-42 計測開始条件を設定

4種類から設定可能

計測終了方法の選択 screenshot_2015-02-17-10-31-52 既定値は、終了しない
アラーム設定 screenshot_2015-02-17-10-32-11 上下限設定して、ロガーからビープ音を出せる
Logging mode screenshot_2015-02-17-10-32-24 特殊な計測から、統計値の計測も可能
統計値は、最大、最小、平均、標準偏差から選択
mx1101_menu_4

データ回収

screenshot_2015-02-17-10-33-11 ロガーからデータを回収します
mx1101_menu_4-1

最新グラフ

screenshot_2015-02-17-10-33-53
mx1101_menu_4

回収後に表示されるグラフ

screenshot_2015-02-17-10-34-14

をクリックするとデータをEXPORTできます

screenshot_2015-02-17-10-34-23

形式を選んで出力することができます

各部の機能

ページの先頭へ