CLIMATEC,Inc.
  • ホーム
  • 文字サイト
  • 応用分野
  • メール
  • 会社概要
  • サポート
  • アクセス

葉面濡れセンサー

型番
C- LWS

特長

この葉面濡れセンサーは模擬葉面上の誘電率を測定する方式なので、少量の水滴や氷も測定することができます。
このセンサーは、熱的、放射的に実際の葉の特徴を模しているので、葉と同じ環境に置くことによって、葉への結露を測定することが可能となります。

誘電率は相対的に、水(80)、氷(50)、空気(1)なので、その差を計測します。このセンサーにより、相対的な結露量を測定することが可能です。

  • 葉の形、熱・放射特性を模しています
  • 着色、キャリブレーション不要
  • 低消費電力

仕様

計測時間 10ms
消費電力 2mA/2.5VDC 7mA/5VDC
出  力 320~1000mV@3V
印加電圧の10~50%
動作温度 -20~60℃
寿  命 2年+α
大きさ・重量 112L×58W×厚0.75Tmm 140g
ケーブル 5m
配線
印加電圧
アナログout
SE
クリアー G

 

取付方法

lws2

取付方法

センサー取付部にある2つの穴を利用して取り付けます(下図参照)

lws3

取付イメージ図

対象とする群落の中で、できるだけ、既存の葉と同じ放射環境になるように取り付けます。

u12_008

計 測

1)安価・多地点計測
ホボU12シリーズの電圧入力には印加電圧端子があるので、葉面濡れセンサー単体で測定したい場合には安価な測定が可能になります。

小型ロガー計測で必要なもの
ロガー: ホボU12-012,-013,-006,-008
ソフト:  Hoboware(free)
付属品: 外部入力センサー:必要本数
(センサーとロガーの接続)

2)複合計測(他の気象要素など)
濡れ時間の算出など
C-CR800,CR1000と他センサー組み合わせ

計測例

lws_fig

 

ページの先頭へ