CLIMATEC,Inc.
  • ホーム
  • 文字サイト
  • 応用分野
  • メール
  • 会社概要
  • サポート
  • アクセス

過冷却降水検知センサー

型番
Cー0871LH1

着氷検知センサー Freezing rain sensor 雨氷、着氷性の雨・霧、着氷検知

  • 過冷却降水検出センサー
  • 設置状況

Freezing rain sensor 過冷却降水を検知するセンサーです。

特長

このセンサーは小さくコンパクトにデザインされた、過冷却降水(雨氷、雨、着氷性の雨・霧)の検出センサーです。
プローブの部分は40kHzの超音波の周波数で振動しており、プローブの上に氷が形成されると、増加した質量から振動数が減少します。0.5mmの厚さ相当に減衰すると、RS-422と接点信号が1分間ONになります。その後、氷を除去するプロセスに入ります。氷結が継続する場合は、引き続き信号がONになります。
このセンサーは、水はけがよくなるよう、通常20~30度に傾斜させて設置します。

  • 飛行機や船舶、電線などの着氷検知に
  • 大きさが小さい
  • 消費電力が小さい
  • シンプルなデザイン

注意)

気象学用語でfreezing rainは氷晶雨ですが、ここでは過冷却状態の降水をいいます。

計 測

他の計測要素と一緒に測定するデータロガー

単純計測には
C-CR300
6chまでの測定には
C-CR800/850シリーズ
6ch以上200chくらいまで
C-CR1000シリーズ

仕様

測定範囲 -55℃~+70℃
出力方式 氷結出力 氷結:close
なし:open
状態出力 正常:close
異常:open
open/close状態 open:インピーダンス>200kΩ
close:最大電流 50mA
RS-422 Ice : 1 = Ice, 0 = No Ice
状態:1 = Fail, 0 = OK
寸法 7.4×7.4×9.1Hcm
電源 22~29.5VDC
消費電流 動作時:15W
氷結除去時:50W
0871lh-2

ページの先頭へ