CLIMATEC,Inc.
  • ホーム
  • 文字サイト
  • 応用分野
  • メール
  • 会社概要
  • サポート
  • アクセス

HOBO U20L 水位・水温ロガー (廉価版)

型番
CO-U20L-04/CO-U20L-01/CO-U20L-02
  • 水位・水温ロガー
    水深 4m CO-U20L-04
    水深 9m CO-U20L-01
    水深30m CO-U20L-02

ホボ水位・水温ロガーに新しいタイプが登場。従来の機種(CO-U20)よりさらに費用対効果の高い水位・水温ロガーになっています。
ケースはポリプロピレン製で、水位と温度の経時変化を長期間記録できます。
従来の機種同様、センサー、メモリ、バッテリーが一体構造で、扱いやすさはそのままに、計測精度やハウジングが異なっています。
アプリケーションや予算によって機種選択肢の幅が広がりました。

※校正証明書(Calibration Certificate)は付属しておりません。

特長

  • 専用ソフトHOBOware Proを使い、計測した圧力を気圧、温度、流体密度等の情報で補正することで精度の高い水位データを取得
  • 大気圧補正用にもう一台のホボウォーターレベルロガーを使い、さらに精度の高いデータを取得(同一地域内で複数の水位観測を行う場合には、一台の気圧補正用ロガーで、取得した全水位ロガーに対して使用できます)
  • ハウジングはPP(ポリプロピレン)
  • 耐久性セラミック圧力センサーは凍結に耐える
  • 通気管不要-管取り付けに関連した諸問題(取付工事・保守・精度誤差)からの解放
  • 完全密封ハウジング構造で長期間トラブル・メンテナンスフリー
  • 光学USBインターフェースによりデータ回収方式を採用し、データ収集時の通信トラブル削減

データ回収

オプション

 

仕様

水位センサー仕様 比較
9mを例として
型式 CO-U20L-04 CO-U20L-01 CO-U20L-02 CO-U20-001-01
価格 一番上に該当商品の価格を表示します 一番上に該当商品の価格を表示します 一番上に該当商品の価格を表示します 一番上に該当商品の価格を表示します
計測範囲 4m 9m 30m 9m
工場校正範囲 69~145kPa 69~207kPa 69~400kPa 69~207kPa
水位精度(通常) ±0.1%FS
±0.4cm
±0.1%FS

±1cm

±0.1%FS

±3cm

±0.05%FS
±0.5cm
分解能 <0.014kPa
0.14cm
<0.02kPa

0.21cm

<0.04kPa

0.41cm

同左
応答速度 <1秒
温度センサー仕様
計測範囲 -20℃~50℃ 同左
精度 ±0.44℃(0~50℃) ±0.5℃(-5~50℃)
分解能 0.1℃@25℃ 同左
応答速度(90%) 10分
ドリフト 0.1℃/年
共 通 仕 様
記録容量 64kバイトメモリ(圧力+温度セットで21,700点) 同左
バッテリー 専用バッテリー内蔵(米国工場でのみ交換可) 同左
バッテリー寿命 約5年(1分以上のインターバルにて通常使用) 同左
インターバル 1秒~18時間(ユーザー設定) 同左
材  質 ハウジング:ポリプロピレン、センサー:セラミック ステンレス
寸法/質量 31.8mmφ×152mmL、6.3mmφ取付穴/154g 25×150mm/210g
PCとの通信 オプティックUSBベースステーション(CO-BASE-U-4)もしくはホボシャトル
接続用カプラーはカプラーC カプラーB
ソフトウェア HOBOware Pro

 

 

設置方法

water_level_graph_sm

【設置例】
※図をクリックすると拡大します。
●設置の際は黒いEnd Cap側が上になるように設置してください。

 

水位ロガーキャリングケース(CO-U20-CASE-1)

一番上に該当商品の価格を表示します

水位ロガーキャリングケースには以下の商品が収納可能です。

  • U20Lウォーターレベルロガー×4
  • オプティックUSBベースステーション(BASE-U-4)もしくはウォータープルーフシャトル×1
  • カプラーB×1
  • USBインターフェースケーブル

u20-3

 

U20&U24用保護ケース(CO-HOUSING-U2x)

一番上に該当商品の価格を表示します

U20ウォーターレベルロガー保護ケースは、水の流入を保ちつつ、瓦礫や浮遊物などからデータロガー本体を保護します。
u20-5

材質 PVC
重さ 229g
大きさ 51φ x 23.5L mm

ハウジング取扱説明はこちら

 

 

ページの先頭へ