CLIMATEC,Inc.
  • ホーム
  • 文字サイト
  • 応用分野
  • メール
  • 会社概要
  • サポート
  • アクセス

16ch拡張I/Oコントロールポート(入出力)

型番
C-SDM-IO16

特長

C-CR10X, 23X, 1000 などの 0-5Vコントロールポートを拡張するものです。
100mAの電流が可能なので、小容量のリレーなども駆動可能です。16台のC-SDM-IO16を増設することにより、合計256台のコントロールポートを制御および計測できます。
状態(0/5V)、パルス計測、周波数計測、状態変化割込などの計測および各ポートの制御が可能です。

仕様

I/F SDM
出力 電  圧 ON/Hi 5V(>4.5V)
OFF/Low 0V(<0.1V)
出力シンク電流 8.6mV/5V
出力ソース電流 42mA/3V
133mA(G短絡の場合)
最大合計出力電流 12V電源に依存
入力 電  圧 ON/Hi   >4V
OFF/Low <1V
保護 入力側-0.6Vと ±5.6V が33Ωでクランプされている
インピーダンス +5V 100Ω
パルス入力 最大周波数 2kHz (チャタリング防止offにて)
150Hz(チャタリング防止on)
最低周波数 0Hz
パルス幅 244μs
チャタリング防止
(debounce mode)
チャタリング防止幅が設定可能
初期設定 3.17ms
内部クロック精度 ±0.01%以内
最大インターバル 15.9375sec
電   源 9~18VDC
消費電流動作時 代表値 600μA(全port Hi 負荷なし)
最大 3mA(全ch パルス計測)
動作環境 -25~+70℃
大 き さ 230L×100H×24Dmm 350g
最大ケーブル長 6m

表1 命令(Instruction P188)

SDM-IO16 (P188)
1: 0 SDM Address
2: 90 Command Code Option 表2のコマンド
3: 9999 Ports 16-13 表3のモード
4: 9999 Ports 12-9
5: 9999 Ports 8-5
6: 9999 Ports 4-1
7: 1 Return Code Loc [ satus ]
8: 2 First Loc [ Loc1 ]
9: 1.0 Multiplier
10: 0.0 Offset

 

表2 コマンド

パルスカウント(1-23) 前回読込後のカウント数 最大65535
周波数計測(24-46) 前回読込後の平均周波数(Hz)
最大読みとり間隔15.9秒以下
0-5Vパルスのみ
負荷サイクル計測(47-69) 前回読込後の平均負荷率(0-100%)
ポートがHiであった比率(%)
最大読みとり間隔15.9秒以下
チャタリングフィルタの設定(70-85) 0-255の数値 244μsecの倍数つまり
0-62msec
初期値は0でフィルターはなし
ポートの設定(86-90) 表1のパラメータ3-6に下表のモードを使用して各ポートを設定する
デジタル割込、チャタリングフィルターoff
ポートの状態読込(91-92) ポートの状態読込 Hi(1), Low(0)
接点状態 close(1)、open(0)
全ポートを読み込む(outputモードのポートも)
ポートの状態設定(92-93) ポート状態の設定 Hi(1)、Low(0)
outputモードのポートにのみ設定
ポートの入出力設定(94-95) ポートの入出力方向の設定 Output(1) Input(0)
初期状態は、全てInput
ポートマスク設定(96-97) 各ポートへのマスク設定
ポート状態が変化すると割り込みが発生

表3 各ポートに設定可能なモード(コマンド86-90でのみ有効)

数値
出力 0 Low
1 Hi
入力 2 デジタル入力、チャタリングフィルターoff
3 接点入力、3.47msチャタリングフィルターon
4 デジタル割込、チャタリングフィルターoff
5 接点入力割込、3.47msチャタリングフィルターon

ページの先頭へ