CLIMATEC,Inc.
  • ホーム
  • 文字サイト
  • 応用分野
  • メール
  • 会社概要
  • サポート
  • アクセス

16/32chチャンネル切替器

型番
C-AM16/32B
  • コネクターが差込式に変更されます。
    カバーは別売りになります。
    (2015年3月頃より)

特長

アナログマルチプレクサーC-AM16/32はデータロガーC-CR1000 , C-CR800, C-CR3000, C-CR10X、C-CR23X、などからの切り替え信号を受けてセンサー入力数を拡張するものです。
本体上面パネルにあるスイッチの切り換えによって4線式16chモードと2線式32chモードを選択します。
4線式16chモードでは4本の信号線を同時に切り換えることができるので、4線式のブリッジ抵抗などの計測に適しています。
このモードではデータロガー本体のいずれか4つの回路を同時に切り換えます。
例えば、電圧入力信号線2本と印加電圧用のExcitationポート1本及びグランド線1本の4本などです。

2線式32chモードでは同時に2本の信号線を32ch切り換えることができます。
このモードではデータロガー本体のいずれか2本を切り換えます。
電圧信号を切り換える場合4線16chモードでは本体を2チャンネル分使用しますが2線32chモードでは1チャンネル分しか使用しません。
何れのモードの場合もC-AM16/32の共通ポートと本体を接続して、この共通ポートをデータロガーの入力チャンネルと接続して順次切り替えながら計測します。
切り換えるタイミングはデータロガー本体からパルス信号を与えて切り換えます。

C-AM16/32はリレー式のチャンネル切替器なので寿命があります。
ソリッドステート式2線25chのチャンネル切替器 C-AM25Tは、寿命が長く、高速に切り替えることができます。

C-AM16/32,C-AM416、C-AM25Tではパルス入力の切り換えは出来ません。
パルスの種類によって、C-SDM-INT8或いはC-SDM-SW8Aをお使い下さい。

C-AM16/32Bの特徴

従来と同じ配線で指定chにダイレクト切り替えることが可能になりました。
RESで5ms以下のパルスを与えることにより、モードBに移行、CLKを指定ch回数ONその後サイドRESONにすることで切り替わります。
CR-BASICには新命令がUPDATEされます。

仕様

拡張チャンネル数 4線16チャンネル/2線32チャンネル 選択
電   源 DC11.8~16V(-25℃ ~ +50℃)
DC11.8~16V(-55℃ ~ +85℃)
消費電流 待機時 <0.21mA
駆動時 6mA
切替信号 1.5V以下から3.3VDC以上への変化で切替
(1msec以上のパルスの立ち上がりで切替)
リセット信号 3.5V~16VDC連続供給
切り替えモード モードA 従来モード
パルス順に切替
モードB 直接chにジャンプするモード
接続可能台数 ※1 C-CR1000 4台
C-CR3000 6台
データロガーとの距離 センサータイプ、インターバル、使用ケーブルによって異なります。
最大切換電流 最 大 500mA
接点劣化電源 ※2 30mA
接点寿命 最低 10,000,000回
使用環境 ※3 -25℃ ~ +50℃(標準タイプ)
-55℃ ~ +85℃(Xタイプ)
寸   法 10.2cm×23.9cm 4.6cm
重   量 675g

※ 1 接続方法によっては、増やすことも可能です。
※ 2 低電圧信号線で使用するチャンネルは30mA以上流さないで下さい。
※ 3 屋外或いは湿度の高い場所で使用する場合、ENC16/18に乾燥剤を入れた状態で御使用下さい。

ページの先頭へ