CLIMATEC,Inc.
  • ホーム
  • 文字サイト
  • 応用分野
  • メール
  • 会社概要
  • サポート
  • アクセス

0.1mm 雨量計

型番
CTKF-0.1CTKF-0.1-UD
  • 0.1mm雨量計
    CTKF-0.1
    0.1mm転倒ます式雨量計
    ヒータなし、ヒータ付きとも外観は同じ

特長

新規改良版雨量計の特徴

仕様

タイプ 標準雨量計 ヒータ付き雨量計
型式(0.1mm) CTKF-0.1 CTKF-0.1ーUD
計測方法 転倒ます式
口  径 282.8mm
感   度 CTKF-0.1 : 一転倒雨量0.1ミリ(6.3cc)
受 感 部 転倒ます
出  力 無電圧接点信号(DC50V0.3A)
リードスイッチ(接点時間0.1~0.15秒)
2接点出力
測定精度 20mm以下±0.5mm
20mmを超える時±3%
使用環境 5~50℃(凍結しないこと) -10~50℃(上下ヒータ)
ヒーター なし 上部:31.25W
下部:50W
サーモスタット 7℃±1.5℃
材  質 外筒:304ステンレス
バケット:真鍮鍍金
内部導水筒:ポリカーボネート(PC)
台座:アルミ
寸  法 高さ490mm×外径290mm
重  量 約4.5kg 約5.5kg

検定 気象庁検定品及び社内検査品

ctfk-1b

2重濾水器

左の写真は、雨量計のロート下にある、濾水器です。
濾水器は雨量計から最初に雨水を受けるところですが、雨量計の受水部に溜まった飛砂やほこりなどが雨水と一緒にロートに集まって濾水器に来たとき、異物を沈殿させて、上澄みが転倒ますに滴下する構造です。
しかし、草や虫など軽いものは沈殿しないため、左に見える排水パイプの入り口がしばしば詰まることがありました。
この2重濾水器は、左に見えるパイプが詰まったときに、右側の仕切りからオーバーフローして、右の小さな穴から排水するので異物のつまりによる欠測が少なくなります。
なお、受水部のゴミ取り網はかならず使用してください。

ctfk-1c

2接点出力

2接点出力を標準装備

テレメータで遠隔通信しながら、予備でデータロガーに記録できます。

また、万が一片方のリードスイッチが故障しても、すぐに切り替えることができます。

ctfk-1d

上部ヒーター

上部ヒーター

上部ヒータは円錐状をしており、雨量計の受水器ロート部を無駄なく加熱します。
受水口ロート部とフィルムヒータの間の1~2cmの空気層のみを加熱するので、従来より加熱する空気の量が少なく、省電力でかつ、応答が早くなっており、従来よりも低い温度で凍結を防止できます。
ヒーターオンオフ設定温度も従来より低いので、加熱による上昇気流も低く抑えられるので、補足率も上がります。

ctfk-1d1

下部ヒーター

下部ヒーター

下部ヒータは、排水筒の下に(写真の縁が白い部分)あり、排水した雨水が凍結して、排水できなくなることを防止します。

ctk-1e

端子台

左(下側)4端子が、2接点の出力端子台。
右(上側)がヒータ用AC100V入力端子台

ページの先頭へ