CLIMATEC,Inc.
  • ホーム
  • 文字サイト
  • 応用分野
  • メール
  • 会社概要
  • サポート
  • アクセス

TDR土壌水分センサー(CS616)

型番
C-CS-616C-CS-625(2017/1 終息)

特長

C-CR1000 C-CR800などのデータロガーに直接接続可能な、TDR方式の土壌水分センサーです。
メンテナンスフリーなので、長期間の連続観測、寒冷地、乾燥地に最適です。

電源コントロールをして、省電力化でき、かつ、コストパフォーマンスに優れているので、多点、無人観測にも適しています。
原理は、センサーロッド間の電磁波の速度が、ロッド間の誘電率(水分)の変化に影響されることを用いています。30cmのロッド中の平均含水率が得られます。
センサーは、2本のロッドと制御部が一体となった構造で、防水構造なので、土中に埋設することができます。ロッドは、あらゆる角度で土壌に挿入することができます。
C-CR1000では、16(本体のみ)~96ch(MPX2台使用)の測定が可能です。

C-CS615の後継機で、従来よりも電気伝導度の高い土壌での計測や温度依存性を改善させています。

選定ガイドはこちら

仕様

型式 C-CS616

一番上に該当商品の価格を表示します
対象データロガー C-CR1000,800,3000,5000
C-CR10X,510,23X
出力 ±0.7V  方形波
周期10~500usec以下
(100kHz~2kHz)
ロッドの大きさ 300L*3.2mmφ  32mmの間隔で2本
ヘッド部の大きさ 85L*63W*18Dmm
重  さ 280g ケーブルの重さ 35g/m
電  源 5-18VDC, 65mA@12VDC(動作時) 45uA(非動作時)
分解能 0.1%
精  度 ±2.5%(導電率0.5dS/m以下、比重1.5g/cm3以下、含水率0-50%)
最大ケーブル長さ 305m

注意:CS615とプログラム命令が変わっていますので、プログラムの互換はありません。

CS615/616の違い
CS615 CS616
出力波形振幅 ±2.5VDC ±0.7VDC
方形波の周波数 0.5-1.4kHz 23kHz-67kHz
電源 9-18VDC 5-18VDC
Enable  電圧 >1.3VDC 4-18VDC

 

関連製品

オプション

土壌挿入ガイド
一番上に該当商品の価格を表示します
cs650g

CS650G  挿入ロッド
硬い土壌などに、予めこのロッドで挿入用の穴をあけておきます。ハンマーでたたき込む事もできます。

ページの先頭へ